世界ぶらり安うま紀行 ─もっとも安い食べ物が、もっともうまい

西川 治

文庫オリジナル
屋台や路上で出会った、
とびっきりの食と人々

屋台や立ち食いや、地元の人しか行かないような店でこそ、本当においしいものが食べられる。世界を食べ歩いた著者の究極グルメ。カラー写真多数。

世界ぶらり安うま紀行 ─もっとも安い食べ物が、もっともうまい
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:に-14-1
  • 刊行日: 2014/10/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-43219-3
  • JANコード:9784480432193
西川 治
西川 治

ニシカワ オサム

1940年、和歌山県生れ。早稲田大学中退。写真家、文筆家、画家として活躍しながら、料理研究家としても70冊以上の著作がある。日本経済新聞で「フードは語る」を連載、NHK「男の食彩」に1年間キャスターとして出演。著書に『世界ぐるっと朝食紀行』『世界ぐるっとほろ酔い紀行』『世界ぐるっと肉食紀行』(いずれも新潮文庫)、『マスタードをお取りねがえますか。』(河出文庫)、『死ぬまでに絶対行きたい世界一周 食の旅』(PHP研究所)等多数。

この本の内容

世界中を食べ歩いて50年の写真家が、現地でしか食べられない、安いけれど圧倒的においしいものを、写真と軽快な文章で伝える食紀行エッセイ。ベトナムの漁港の明石焼き、シンガポールの魚の頭のカレー等、アメリカの球場のチリドッグ、イタリアのライスコロッケ…、屋台や立ち食いや、地元の人しか行かないような店で味わう、ほんとうのグルメ旅がここにある!カラー写真多数。

この本の目次

気持ちのいい朝食
楽しい昼食は、いつも街の中にある
甘いおやつと飲み物の効果は絶大
米料理・鍋料理は、どこでも食べたい
見た目は悪いけど、味は最高
思い出深い夕食、旅の醍醐味

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可