わたしの小さな古本屋

田中 美穂

アルバイトを辞めた日、古本屋になることを決めた。古書店の世界と本がつなぐ人の縁、店の生きものたち……。店主が綴る蟲文庫の日々。(早川義夫)

わたしの小さな古本屋
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-80-1
  • 刊行日: 2016/09/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-43381-7
  • JANコード:9784480433817

この本の内容

岡山・倉敷の美観地区、その外れに佇む古書店「蟲文庫」。10坪にみたない店内には古本と一緒に苔や羊歯のグッズが並び、亀などの動植物がいて、時には音楽イベントが開かれる。知識、予算なしからの開業奮闘記、人と本のつながりが生んだ思いも寄らない出来事、そして偏愛する苔の話まで。ユニークな古書店の店主が、帳場から見た日常を綴る。増補して文庫化。

この本の目次

第1章 そうだ、古本屋になろう(そうだ、古本屋になろう
川西町の四軒長屋 ほか)
第2章 見よう見まねの古本屋(百万円でできる店
棚板を探して ほか)
第3章 お客さん、来ないなぁ(父の置き土産
ミルさん ほか)
第4章 めぐりめぐってあなたのもとへ(観光地の古本屋
二十五年前の小学生 ほか)
第5章 そして店番は続く(苔と古本の道
尾崎一雄と苔の道 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可