教科書で読む名作 夏の花ほか 戦争文学

原 民喜 著 , 武田 泰淳 著 , 山川 方夫 著 , 三木 卓 著 , 林 京子 著 , 遠藤 周作 著 , 大岡 昇平 著 , ティム・オブライエン 著 , 村上 春樹 翻訳

表題作のほか、審判(武田泰淳)/夏の葬列(山川方夫)/夜(三木卓)など収録。高校国語教科書に準じた傍注や図版付き。併せて読みたい名評論も。

教科書で読む名作 夏の花ほか 戦争文学
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:き-41-3
  • 刊行日: 2017/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-43413-5
  • JANコード:9784480434135
武田 泰淳
武田 泰淳

タケダ タイジュン

1912─1976年。東京生まれ。小説家。東京帝国大学支那文学科中退。1934年、魯迅の弟周作人の来日を機に竹内好、増田渉らと「中国文学研究会」を創設。43年、初期の代表作『司馬遷』を刊行。戦後、『蝮のすゑ』(47)『風媒花』(52)『ひかりごけ』(54)『森と湖のまつり』(58)『富士』(71)など話題作を続々発表。また名人芸と称えられる評論集『人間・文学・歴史』(54)『みる・きく・かんがへる』(57)『黄海海に入りて流る』(70)『滅亡について』(71)なども刊行。『武田泰淳全集』増補版全18巻別巻3がある。

大岡 昇平
大岡 昇平

オオオカ ショウヘイ

1909年東京生まれ。1988年に没す。京都大学仏文科卒業。作家。小説に『俘虜記』『野火』『武蔵野夫人』『花影』『幼年』『少年』、戦記文学に『レイテ戦記』、評論エッセイに『中原中也』『わがスタンダール』『証言その時々』などがある。

この本の内容

これまで高校国語教科書に掲載されたことのある、戦争をテーマにした短編小説集。教科書に準じた注と図版を付した。理解を深める名評論も収録。

この本の目次

夏の花(原民喜)
審判(武田泰淳)
夏の葬列(山川方夫)
夜(三木卓)
空罐(林京子)
カプリンスキー氏(遠藤周作)
出征(大岡昇平)
待ち伏せ(ティム・オブライエン)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可