自作の小屋で暮らそう ─Bライフの愉しみ

高村 友也

好きなだけ読書したり寝たりできる。誰にも文句を言われず、最低限の生活ができる。そんな場所の作り方。解説_かとうちあき 推薦文_��坂勝

自作の小屋で暮らそう ─Bライフの愉しみ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-83-1
  • 刊行日: 2017/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-43433-3
  • JANコード:9784480434333
高村 友也
高村 友也

タカムラ トモヤ

1982年静岡県生まれ。東京大学哲学科卒業、慶應義塾大学大学院哲学科博士課程単位取得退学。山梨の雑木林に小屋を建てて暮らしはじめる。現在は小屋を中心に、東京、神奈川、海外など、多拠点的に生活する。宅地建物取引士。著書に、『スモールハウス――3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方』『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか――生と死と哲学を巡って』(同文舘出版)などがある。

この本の内容

誰にも文句を言われず好きなだけ寝ていられる。時間を気にせず好きなことができる。10万円で小屋を作ってベーシックに暮らす(Bライフ)までの試行錯誤。雑木林に土地を買い、手工具で小屋を建て、水や電気、トイレ等の生活設備を整える。地元の人の反応や野生動物との出会いも。文庫化にあたり薪ストーブの楽しみについても追記。小屋ブームの一端を担った本。

この本の目次

1 Bライフってなんだ?(Bライフってなんだ?
必要最低限の生活を確立する ほか)
2 ドキュメント―Bライフ(土地―雑木林に転がり込む
家屋―10平米の小屋を建てる ほか)
3 準備・計画・予備知識(初期費用は30万〜100万くらい
税金や社会保険の減免について ほか)
4 Bライフ再論(全体像
みんながBライフしたらどうなる? ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可