戦場カメラマン

石川 文洋

眼前の米兵が頭を撃ち抜かれ、地雷に触れた解放軍兵士が吹き飛ぶ。祖国を守るため、自由を得るため、差別や貧困から脱するため……。解説 藤原聡

戦場カメラマン
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体2,200円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:い-94-1
  • 刊行日: 2018/06/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:992
  • ISBN:978-4-480-43474-6
  • JANコード:9784480434746
石川 文洋
石川 文洋

イシカワ ブンヨウ

1938年沖縄県首里生まれ。ベトナム滞在フリーカメラマン、朝日新聞社出版局写真部カメラマンをへて、フリー。日本写真協会年度賞、日本雑誌写真記者協会賞、日本ジャーナリスト会議特別賞、市川市民文化賞−スウェーデン賞、ベトナム政府文化通信事業功労賞など、受賞多数。著書には、『基地、平和、沖縄』『基地で平和はつくれない』(新日本出版社)、『フォト・ストーリー 沖縄の70年』『カラー版 四国八十八カ所』『カラー版 ベトナム戦争と平和』(岩波新書)、『てくてくカメラ紀行』(�笊カ庫)など。

この本の内容

銃弾砲弾が飛び交う最前線。死線を越えた写真家の眼前で米兵が頭を撃ち抜かれ、擲弾銃によって解放軍兵士が吹き飛んだ。米ソ冷戦を背景にしたベトナムの悲惨な戦場、自国民を大虐殺したカンボジア。祖国を守るため、自由を得るため、差別や貧困から脱するため、戦う兵士、破壊される農村民。戦争ドキュメントの最高峰。

この本の目次

世界無銭旅行への出発
南ベトナム政府軍海兵大隊従軍記
ベトナムのアメリカ兵
戦争と民衆
ベトナムの韓国軍
市街戦 燃えるサイゴン一九六八
ラオス、カンボジアの戦闘
北爆下のベトナム
ベトナム解放とその後
ベトミン軍旧日本兵の帰還―沖縄出身當間元俊軍曹
ベトナム・カンボジア国境紛争
中越戦争
カンボジア大虐殺
アンコール・ワットへの道
戦場のカメラマンたち

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可