田中小実昌ベスト・エッセイ

田中 小実昌 著 , 大庭 萱朗 編集

東大哲学科を中退し、バーテン、香具師などを転々とし、飄々とした作風とミステリー翻訳で知られるコミさんの厳選されたエッセイ集。解説 片岡義男

田中小実昌ベスト・エッセイ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-41-7
  • 刊行日: 2017/12/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-43489-0
  • JANコード:9784480434890

この本の内容

牧師の家に生まれ、戦争では死にかけ、東大に入学しながらストリップ劇場に転がり込んだ男、田中小実昌、通称コミさん。香具師をやったり、米軍基地で働いたりしながら翻訳や創作を始め、いつの間にか直木賞作家に…?!そんなコミさんの、人に優しく「物語」に厳しいエッセイを精選。入門編にして決定版!コミさんの「目」は、今も輝きを失っていない。

この本の目次

1(ひと
おんな

映画
コトバ)
2(勤労奉仕から動員へ
父と特高
ハミだした両親
濃いインキの手紙
昭和19年…(抄)
G線上のアリア(抄)
張っちゃいけない親父の頭
やくざアルバイト
横田基地のバンブダンプ
不動産屋、そして医学研究所
葬式はしない)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可