いっぴき

高橋 久美子

初めてのエッセイ集に大幅な増補と書下ろしを加えて待望の文庫化。バンド脱退後、作家・作詞家としてのエッセンスを凝縮した一冊。

いっぴき
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-86-1
  • 刊行日: 2018/06/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43524-8
  • JANコード:9784480435248
高橋 久美子
高橋 久美子

タカハシ クミコ

1982年、愛媛県生まれ。チャットモンチーのドラマー・作詞家を経て、2012年より作家・作詞家として活動する。作詞曲に、チャットモンチー「シャングリラ」「ハナノユメ」「風吹けば恋」「バスロマンス」「サラバ青春」、ももいろクローバーZ「空のカーテン」、東京カランコロン「泣き虫ファイター」など。著書に詩画集『太陽は宇宙を飛び出した』、絵本『赤い金魚と赤いとうがらし』など。2017年、翻訳を担当した絵本『おかあさんはね』が第九回ようちえん絵本大賞を受賞。ミュージシャンとの詩の朗読×音楽のセッションや、創作人形浄瑠璃の脚本制作、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍する。

この本の内容

文筆家として走り出した6年間の文章をまとめた一冊。人気バンドからの脱退を決意し、新たな一歩を踏み出した著者が描く、あたたかくてユーモアと優しさがたっぷり詰まった風景は、時に自由奔放で、時に哲学的真理をつくような魅力を持ちながら、“人”とのつながりや毎日の“生活”の愛おしさに気付かせてくれる。彼女にしか紡ぐことのできない言葉たちがここにある。

この本の目次

第1章 思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、(東京人と桜
書かなくなる日が来るとしたら
音楽 ほか)
第2章 街の歌(民族衣装とシャネル
犬の名は。
酒の陣 ほか)
第3章 いっぴき(仲間
椅子
猿の惑星 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可