落ちる/黒い木の葉 ─ミステリ短篇傑作選

多岐川 恭 著 , 日下 三蔵 編集

江戸川乱歩賞と直木賞をダブル受賞した昭和の名手、深い抒情性とミステリのたくらみに満ちた単行本未収録作品を含む14篇。文庫オリジナル編集。

落ちる/黒い木の葉 ─ミステリ短篇傑作選
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:た-87-1
  • 刊行日: 2018/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-43530-9
  • JANコード:9784480435309
多岐川 恭
多岐川 恭

タキガワ キョウ

1920年、福岡県生まれ。東京帝国大学経済学部卒業。54年、白家太郎名義で応募した「みかん山」が「宝石」短篇懸賞に佳作入賞してデビュー。58年に『濡れた心』で第4回江戸川乱歩賞を、59年に「落ちる」など3篇で第40回直木賞を受賞。ほかの著書に『異郷の帆』『墓場への持参金』『おやじに奉げる葬送曲』など。また数多くの時代小説作品を残している。94年歿。

この本の内容

過度な自己破壊衝動を持つ男は最愛の妻を得ることで生きる意味を見出したかに思えたが、主治医の男と妻の関係に疑念を抱く(「落ちる」)。うだつの上がらない万年平行員の宿直当番中に銃を持った強盗が現れた。その意外な顛末とは?(「ある脅迫」)。サスペンスからユーモア、本格推理、叙情豊かな青春までバラエティに富む昭和ミステリの傑作短篇集。単行本未収録作「砂丘にて」収録。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可