アンソロジー カレーライス!!大盛り

杉田 淳子 編集

内田百(けん)、池波正太郎、阿川佐和子……。忘れられない味からとっておきの名店まで、作家のカレー愛に満ちた名エッセイ、ボリュームたっぷり44編!

アンソロジー カレーライス!!大盛り
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:す-25-1
  • 刊行日: 2018/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-43542-2
  • JANコード:9784480435422
杉田 淳子
杉田 淳子

スギタ ジュンコ

1962年生まれ。フリー編集者。主な編著に『宮沢賢治のオノマトペ集』『おそ松くん ベスト・セレクション』『お〜い、丼』『わかっちゃいるけど、ギャンブル!』(以上、ちくま文庫)、「おいしい文藝」シリーズ(河出書房新社)などがある。

この本の内容

鼻をくすぐるスパイスの香りと、舌にピリリと残るほど良い辛さ―老若男女に愛される“日本人のソウルフード”カレーライス。こだわりの食べ方・調理法からカレーにまつわる家族や友人の思い出、そしてもちろん国内外で食べた忘れられない絶品カレーの味まで、作家・著名人が綴った至高のカレー・エッセイをボリュームたっぷり44篇収録。読んだら絶対カレーが食べたくなる?!

この本の目次

カレーライス(池波正太郎)
昔カレー(向田邦子)
カレーと煙草(林真理子)
ほんとうのライスカレー(井上靖)
カレーはぼくにとってアヘンである(安西水丸)
料理人は片づけながら仕事をする(伊丹十三)
カレーライス(北杜夫)
カレー好き(阿川佐和子)
夏はやっぱりカレーです(平松洋子)
私のカレー・ライス(宇野千代)〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可