現代語訳 雑兵物語

かも よしひさ

戦場(いくさば)最前線のリアル
武器・食糧運び・馬の世話、戦となれば最初に敵と遭遇する。
戦場現場人の生の声を伝える古典をわかりやすい現代語訳で。

いざ戦が始まれば最前線で敵と向き合う戦場の現場人の生の声を収録し、読み継がれてきた古典をわかりやすい現代語訳とリアルな挿画で贈る。解説 池内紀

現代語訳 雑兵物語
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:か-78-1
  • 刊行日: 2019/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-43605-4
  • JANコード:9784480436054

この本の内容

武器運び、馬の世話、土木作業、衣類・食糧運び、戦が始まれば最前線で敵と向き合い、集団で槍、鉄砲を扱う。そんな戦場の現場人の役割ごとの声を収録し、多くの武士が戦場心得の参考とした『雑兵物語』。江戸前期に成立し後期の1846年に刊行され一般にも流布した古典を、わかりやすい現代語訳とリアルな挿画で送る。現在の最前線ではたらく人々も切実に読める一冊。

この本の目次

雑兵物語 上(鉄砲足軽 小頭 朝日出右衛門
鉄砲足軽 夕日入右衛門
弓足軽 小頭 大川深右衛門
弓足軽 小川浅右衛門
槍担 小頭 長柄源内左衛門 ほか)
雑兵物語 下(矢箱持 矢蔵
玉箱持 寸頓
荷宰料 八木五蔵
夫丸 馬蔵
又若党 左助 ほか)
繪解 雑兵物語

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可