家族最初の日

植本 一子

家族で過ごした、素晴らしい瞬間の数々がここにある。震災前後の生活(家計簿つき)を記録したデビュー作『働けECD』を大幅に増補した完全版。

家族最初の日
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体980円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:う-43-1
  • 刊行日: 2019/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-43627-6
  • JANコード:9784480436276
植本 一子
植本 一子

ウエモト イチコ

1984年広島県生まれ。写真家。著書に、『働けECD――わたしの育児混沌記』(ミュージック・マガジン)、『かなわない』(タバブックス)、『家族最後の日』(太田出版)がある。

この本の内容

「写真に写りきらないものを文字で残そうとした」東京都杉並区に暮らす石田家の毎日を率直に書いた、2010年2月から翌年4月にかけての日記。逼迫する家計状況のなか第二子を出産、子育てに追われながら東日本大震災の日を迎える。平穏とは言えない日々のなかに、家族と暮らすうれしさが満ちていた。デビュー作『働けECD わたしの育児混沌記』を大幅に増補した完全版(家計簿つき)。

この本の目次





3.11
私の家族アルバム

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可