村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール

ナカムラ クニオ

村上春樹作品を徹底的に読み漁り、その魅力溢れる文章や言葉の特徴を自分の文章に取り入れよう。100万人のファンに贈るハルキワールド玉手箱。

村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:な-55-1
  • 刊行日: 2019/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-43643-6
  • JANコード:9784480436436

この本の内容

文章力をアップさせるのに、たくさんの本を読む必要はありません。好きなただ1人の作家の本を読みまくる、それで十分に筆力や文体は磨かれます。この本は、村上春樹の文章の秘密を徹底的に分析した参考書です。魅力的なタイトルのつけ方、雰囲気を変えたい時の工夫、妄想を飛躍させる方法…一緒に春樹作品の魅力を骨の髄まで味わい、言葉を綴ることを楽しみましょう。ちくま文庫オリジナル。

この本の目次

第1章 村上春樹の文章を33の作法で読み解く―我々が「薔薇」と呼ぶ花が別の名前でも、同じように甘い香りがするのか?という問題について(謎めいた長いタイトルをつける
強いキーワードをタイトルに盛り込む
言葉あそびを連発してみる
具体的な「年号」を入れてみる
つながらない言葉をつなげてみる ほか)
第2章 村上春樹の文体力―あるいは砂糖の弾丸で読者の心を打ち抜く14の方法について(『風の歌を聴け』から学ぶ「リミックス力」
『1973年のピンボール』から学ぶ「妄想力」
『羊をめぐる冒険』から学ぶ「国際力」
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』から学ぶ「オマージュ力」
『ノルウェイの森』から学ぶ「引用力」 ほか)

読者の感想

2019.11.11 タッケン

購入してすぐに貪るように読み、非常に面白かったです。1項目が比較的短く、もっと読みたい!と思わせられる内容でした。私は村上春樹作品の長編を全て読んでいますが、結構読み飛ばしているなと感じます。細部まで読み込んでおられる著者の文章を拝見し、本当にハルキ作品を愛していらっしゃることが伝わってきました。
ハルキ作品中の比喩について、料理、文学、映画、建築、美術に分けてクローズアップしたコラムが良かったです。改めて、原典のハルキ作品に戻って読みたくなりました。巻末にある村上春樹全作品リストも今後の読書に活かせそうです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可