真鍋博の植物園と昆虫記

真鍋 博

ユーモアと風刺で機知縦横に現代社会を植物と昆虫に見立てたれば――。天才イラストレーターの幻の作品集が没後20年に合本して復刊。解説 荻上チキ

真鍋博の植物園と昆虫記
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0171
  • 整理番号:ま-47-3
  • 刊行日: 2020/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43644-3
  • JANコード:9784480436443
真鍋 博
真鍋 博

マナベ ヒロシ

1932ー2000年。愛媛県新居浜市生まれ。多摩美術大学油画科卒。日本SF作家クラブ会員。イラストレーターとして独特でシャープかつ繊細な画風で知られSF小説の挿絵、装幀を多く手掛ける。またSFや未来学に造詣が深く、テレビや新聞、雑誌での文明批評的発言、執筆活動のほか、日本万国博、沖縄国際海洋博、科学博に参画、バイコロジーの提唱など幅広い分野で活躍した。著書に『真鍋博のプラネタリウム 星新一の插絵たち』(ちくま文庫)。

この本の内容

星新一、筒井康隆、アガサ・クリスティーなど人気作家作品の装画や装幀の仕事で知られる天才・イラストレーターが、社会のあらゆるものを“植物”と“昆虫”に見立て、ユーモアと風刺を織り込んで描いた40年前の幻の作品集が奇跡の文庫化。機知縦横に生み出されたイラストは、時代を超えて現在の我々の問題にもリンクしており、その普遍的な想像力に驚くばかり―。

この本の目次

植物園(植物新時代
広層植物
高層植物
植体
落下思考 ほか)
昆虫記(パイプムシ
票虫
分譲ミノムシ
食用虫
コロガリムシ ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可