ふしぎ地名巡り

今尾 恵介

古代中世に誕生したものもある地名は「無形文化財」的でありながら、「日用品」でもある。異なる性格を同時に併せもつフシギな世界を紹介する。

ふしぎ地名巡り
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0125
  • 整理番号:い-72-6
  • 刊行日: 2020/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-43650-4
  • JANコード:9784480436504
今尾 恵介
今尾 恵介

イマオ ケイスケ

1959年横浜市生まれ。中学生の頃から国土地理院の地形図に親しみ、時刻表を愛読する。音楽出版社勤務を経てフリーハンド地図制作者およびフリーライターとして独立、イラストマップ作成や地図・鉄道関連の著作に携わってきた。著書に『地名の謎』(ちくま文庫)、『鉄道ひとり旅入門』(ちくまプリマー新書)、『地図で読む戦争の時代』(白水社)、『住所と地名の大研究』(新潮選書)ほか多数。『日本鉄道旅行地図帳』『日本鉄道旅行歴史地図帳』(いずれも新潮社)を監修。

この本の内容

数百万とも数千万ともいわれる日本の地名。地形にちなむもの、土地の機能を表すもの、名産品を冠したもの、あるいは由来や意味が判然としないものなど、そのひとつひとつに命名にまつわる逸話がある。一筋縄ではいかぬ、ややこしくて人間臭い日本各地の地名。それらのエピソードを繙きながら、そぞろ歩く。

この本の目次

第1章 いろいろなモノの地名(水が豊富な国の「水の地名」
火の地名・焼ける地名 ほか)
第2章 特色ある地名(色のついた地名
木偏の地名 ほか)
第3章 山河・道・駅・橋(山・岳だけではない山の名前
坂の地名 ほか)
第4章 地名のしくみ(簡単に読めそうで読めない地名
同じ字を反復する住所と河川名 ほか)
第5章 地名に関するあれこれ(近所の同一地名をどう区別するか
境界の両側に同じ地名がある ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可