次の時代を先に生きる ─ローカル、半農、ナリワイへ

高坂 勝

都市の企業で経済成長を目指す時代は終わった。地域で作物を育てながら自分の好きな生業で生きよう。競争ではなく共助して生きる。解説 辻井隆行

次の時代を先に生きる ─ローカル、半農、ナリワイへ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:こ-45-2
  • 刊行日: 2020/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43653-5
  • JANコード:9784480436535
高坂 勝
高坂 勝

コウサカ マサル

1970年横浜生まれ。30歳で心労にて脱サラ。2004年から自ら独りで営む小さなORGAN-IC BARを開業、稼がない自由を謳歌する。2009年に店を週休2日にして、米と大豆を自給。2012年に週休3日にして、食/電気/家/生業の自給がテーマのNPOを稼働させる。脱・経済成長に向けてのライフ&ビジネススタイルを楽しみ、講演・執筆で自営と自給を勧める。ナマケモノ倶楽部世話人、緑の党 Greens Japan 共同代表。

この本の内容

この本を読んで「会社をやめた」「地方に移住する」「小さな起業をする」「食べ物を育ててみる」「思い切って踏み出せた」という人が続出。地域でナリワイを興して生きるための、体験と実践と理論に満ちた本。嫌な仕事で経済的豊かさを追うのではなく、競争を降り、地域に分散し、「できる」ことを増やし、自由と幸福へ。

この本の目次

第1章 Re:My Story―私が選択した道
第2章 Re:Growth―いつまで成長しなくちゃいけないの?
第3章 Re:Thinking―常識を手放し、思考を捉え直そう
第4章 Re:Life―まずは暮らしから変える
第5章 Re:Work―働くことの本当の意味 仕事を捉え直そう
第6章 Re:Economic Growth―経済成長という神話 カラクリの謎を解く
第7章 Re:Future―誰もが生き続けられる未来を創る

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可