思索紀行 (上) ─ぼくはこんな旅をしてきた

立花 隆

本ではない。まず旅だ! ジャーナリストならではの鋭敏な感覚で、世界の姿を読者にはっきりとさしだした思想旅行記の名著。

思索紀行 (上) ─ぼくはこんな旅をしてきた
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-93-2
  • 刊行日: 2020/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:420
  • ISBN:978-4-480-43665-8
  • JANコード:9784480436658

この本の内容

古代遺跡を探訪して歴史の深層にせまり(序論)、無人島でサバイバル生活に翻弄され(第1章)、ブルゴーニュでヴィンテージワインに酔い(第3章)、ギリシャ正教の聖地アトスで賛美歌がかなでる神への祈りに心をふるわせ(第6章)、1960年代に反戦映画をかついでヨーロッパを放浪(第8章)。ジャーナリストならではの鋭敏な感覚で、世界の姿を読者にはっきりとさしだした思想旅行記の名著。

この本の目次

序論 世界の認識は「旅」から始まる(「深川のおじさん」と橘市兵衛
中国からの引揚げの旅 ほか)
1 無人島の思索(無人島生活六日間
モンゴル「皆既日食」体験)
2 「ガルガンチュア風」暴飲暴食の旅(「ガルガンチュア風」暴飲暴食の旅
フランスの岩盤深きところより ほか)
3 キリスト教芸術への旅(神のための音楽
神の王国イグアス紀行)
4 ヨーロッパ反核無銭旅行

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可