破壊せよ、と笑いは言った 現代マンガ選集

斎藤 宣彦 編集

作品の要素、手法から、ジャンルへと発展、確立する過程を石ノ森章太郎、赤塚不二夫など第一人者を筆頭に重要作を収録、詳細な解説とともに送る。

破壊せよ、と笑いは言った 現代マンガ選集
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0179
  • 整理番号:け-6-2
  • 刊行日: 2020/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-43672-6
  • JANコード:9784480436726

この本の内容

「ギャグ」という要素が“手法”から一大“ジャンル”へと確立していく変遷を読み解く。

この本の目次

第1章 「ギャグ」を変革の旗印に(石ノ森章太郎『テレビ小僧』
石ノ森章太郎『さるとびエッちゃん』
つのだじろう『ブラック団』
長谷邦夫『ライク ア エロチック コミック ストリップ』
赤塚不二夫『ギャグゲリラ』)
第2章 マンガも青年になる(和田誠『007贋作漫画集』
佐々木マキ『見知らぬ星で』
東海林さだお『新漫画文学全集』
秋竜山『Oh☆ジャリーズ』
滝田ゆう『寺島町奇譚』
水木しげる『新、あり地獄』)
第3章 砦の上にわれらの世界を(橋本治『とめてくれるなおっかさん』
橋本治『東大版博徒列伝』
谷岡ヤスジ『ヤスジのメッタメタガキ道講座』
ダディ・グース『貧乏くじをぼくが引く!』
ダディ・グース『月光仮面暗殺物語り』
赤瀬川原平『櫻画報』
山上たつひこ『喜劇新思想体系』)
第4章 POPへ!(林静一『火の玉怨歌』
谷川晃一『鏡面と修羅』
原作・高信太郎 絵・佐伯俊夫『情念魔我人版 天才ばかぼん』
杉浦茂『ブリーフ補佐官』
いしいひさいち『バイトくん』
大矢ちき『ぼくのすてきなポシィおばさん』
高野文子『ウェンディのクリスマス』)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可