生きものとは何か ─世界と自分を知るための生物学

本川 達雄

生物の最大の特徴はなんだろうか?地球上のあらゆる生物は様々な困難(環境変化や地球変動)に負けず子孫を残そうとしている。生き続けることこそが生物!?

生きものとは何か ─世界と自分を知るための生物学
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0245
  • 整理番号:319
  • 刊行日: 2019/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-68344-1
  • JANコード:9784480683441
本川 達雄
本川 達雄

モトカワ タツオ

1948年仙台生まれ。東京大学理学部生物学科卒業。東京大学助手、琉球大学助教授、デューク大学客員助教授を経て、1991年から2014年まで東京工業大学大学院生命理工学研究科教授。東京工業大学名誉教授。理学博士。専攻は動物生理学。著書に『ゾウの時間 ネズミの時間』『生物多様性』『人間にとって寿命とはなにか』『ウニはすごい バッタもすごい』など。

この本の内容

自分を知るには、まず生きもののことを理解しておく必要がある。生きものの形や時間にはどのような特徴があるのだろう?何のために生きているのだろう?生きものの本質を明らかにする冒険的な試み。

この本の目次

第1章 生物という呼び名
第2章 生物は続くもの
第3章 種と生物の分類
第4章 生物学には「なぜ?」がある
第5章 生物の形
第6章 円柱形の進化
第7章 動物の時間
第8章 時間とエネルギー
第9章 生物のデザインからみた現代文明

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可