変な子と呼ばれて ─ミッシェル・近藤の人生

吉永 みち子

子供のころから女装や化粧を好んだミッシェルは、変な子と言われ続けた……。身体と心の性が異なる一人のピアニストの波乱の人生を通して、性とは何かを考える。

変な子と呼ばれて ─ミッシェル・近藤の人生
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:13
  • 刊行日: 2005/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:128
  • ISBN:4-480-68713-0
  • JANコード:9784480687135

この本の内容

子供の頃から女装や化粧を好んだミッシェルは、変な子と言われ続けた…。身体と心の性が異なる一人のピアニストの波乱の人生を通して、性とは何かを考える。

この本の目次

第1章 六本木の昼と夜
第2章 宿命の化粧、運命のピアノ(初めての女装は三歳
ミステリアスな性分化
ピアノとの出会いと封印
ボクと言えない男の子は「オトコオンナ」)
第3章 立ちはだかる世間の壁(音楽科の化粧した男子高校生
見える差別、見えない偏見
息子が消えていく…父の戸惑い)
第4章 ピアノを武器にアメリカで生きる(日本を捨てさせた大失恋
キリスト教国の厳しい現実
ニューヨークの光と翳り)
第5章 彼でも彼女でもない人(美しさへの執念
すべてを包み込む“アンタ”)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可