大人はウザい!

山脇 由貴子

あんな人になりたくない!

すれ違う子どもの「気持ち」と大人の「思い」。願望、落胆、怒り、悲しみなど、 ウザい という言葉に込められたメッセージを読み取り、歩み寄ってみませんか?

大人はウザい!
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0237
  • 整理番号:135
  • 刊行日: 2010/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-68837-8
  • JANコード:9784480688378
山脇 由貴子
山脇 由貴子

ヤマワキ ユキコ

1969年東京生まれ、東京都児童相談所の児童心理司。年間100家族以上の相談や治療を受け持つ。児童相談所のスタッフ養成のための講演を行うなど、国内外を問わず幅広く活躍。臨床現場の生の声を発信し続ける。著書に『教室の悪魔――見えない「いじめ」を解決するために』『あの子が部屋から出てこないのはどうしてだろう?』『子育てをしない男には女のスゴサがわからない』(以上ポプラ社)、『モンスターペアレントの正体――クレーマー化する親たち』 (中央法規出版)、『あなたのまわりのあぶない人たち』(大和書房)、『出会いを求める少女たち――子どものこころカウンセリング』(信山社出版)がある。

著者からのメッセージ

子ども達の「ウザい」を理解する[全文を読む]

この本の内容

子どもが発する「ウザい!」ということばには、大人へのたくさんのメッセージが込められている。願望や期待、落胆、怒り、かなしみ…。子どもの「気持ち」と大人の「思い」を伝え合い、歩み寄ってみませんか。

この本の目次

第1章 子どもが親をウザい!と思う時(誰とつきあおうと私の勝手でしょ
友達のことを悪く言うな! ほか)
第2章 子どもが教師をウザい!と思う時(いつもしつこく質問攻め
独断で悪者を決めつける ほか)
第3章 テレビ(メディア)や街で見かけるウザい大人(当事者でもないのに分かったふうなことを言う、高みに立った年寄り評論家
「昔はこうだった」みたいなことばっかり言う大人 ほか)
第4章 ウザいと思われない大人って(大人なんだから、子どもなんだから
感情の消化 ほか)

読者の感想

2010.6.21 Maika

私はいま私立の中学校に通っています。私がいつも思っていることがほとんどで私だけが思っているんじやないんだと安心しました(^-^)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可