鉄道ひとり旅入門

今尾 恵介

カリスマ「乗りテツ」の旅指南

こんな時代だからこそ、遅い列車に乗り、ひとり旅に出よう。車窓の風景に目をこらし、想像を膨らませれば、その土地の人々の営み、過去や未来も見えてくる。

鉄道ひとり旅入門
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0265
  • 整理番号:161
  • 刊行日: 2011/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68863-7
  • JANコード:9784480688637
今尾 恵介
今尾 恵介

イマオ ケイスケ

1959年横浜市生まれ。中学生の頃から国土地理院の地形図に親しみ、時刻表を愛読する。音楽出版社勤務を経てフリーハンド地図制作者およびフリーライターとして独立、イラストマップ作成や地図・鉄道関連の著作に携わってきた。著書に『地名の謎』(ちくま文庫)、『鉄道ひとり旅入門』(ちくまプリマー新書)、『地図で読む戦争の時代』(白水社)、『住所と地名の大研究』(新潮選書)ほか多数。『日本鉄道旅行地図帳』『日本鉄道旅行歴史地図帳』(いずれも新潮社)を監修。

この本の内容

あえて遅い列車に乗り、ひとり旅に出よう。車窓の風景に目をこらして、想像をめぐらせばその土地の営みや、過去や未来も見えてくる。鉄道旅の初心者から達人まで、読んで乗って楽しい一冊。

この本の目次

まえがき―なぜ鉄道の旅なのか?
第1部 ひとり旅に出よう―準備篇(鉄道旅行の目的は何だろう
鉄道旅行に持って行くもの・旅の情報源 ほか)
第2部 鉄道車窓の見どころ―旅情篇(阿蘇のカルデラ、有明海の干潟を眺める―九州
讃岐平野の「おむすび山」を観賞する旅―四国 ほか)
第3部 旅もいろいろ―実践篇(「乗りつぶし」について
車窓に見える集落 ほか)
あとがき―線路の先にあるものを感じとる

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可