ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ ─原子力を受け入れた日本

田口 ランディ

唯一の被爆国が、
なぜ原発大国に?

世界で唯一原爆を落とされた国が、なぜ原発大国になったのか? そのつながりを圧倒的な想像力で描き出す。歴史を振り返り、これからの「核」の話を始めるきっかけになる一冊。

ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ ─原子力を受け入れた日本
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体810円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:165
  • 刊行日: 2011/09/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-68869-9
  • JANコード:9784480688699
田口 ランディ
田口 ランディ

タグチ ランディ

1959年東京生まれ。作家。2000年に初の長編小説『コンセント』が大きな話題を呼び、ベストセラーに。その後、『アンテナ』『モザイク』『富士山』などを発表。広島の原爆を取材した短編小説集『被爆のマリア』では、「戦後世代にとって原爆とは何か?」を問題提起した。以降、核エネルギーに関心を持ち、原子力の取材を続けている。

この本の内容

世界で唯一、原爆を落とされた国が、なぜ原発大国になったのだろう?ヒロシマ・ナガサキとフクシマは、見えない糸でつながっている。そのつながりを、歴史を振り返り、圧倒的な想像力で描き出していく。これからの「核」の話をはじめるための、最初の一冊。

この本の目次

第1章 核をめぐる時代のムード(「原爆乙女」「ヒロシマ・ガールズ」と呼ばれた女性たち
反核の耐えられない重さ
左翼とはなんですか?
歴史に共感するということ)
第2章 新しい太陽は、どうやって生まれたのか?(太陽は原子のなかにあった
ヒトラーと核兵器
トリニティ実験の成功
ヒロシマとナガサキへ無警告原爆投下)
第3章 核兵器に苦しんだ日本は、なぜ原子力を受け入れたのか?(資本主義がめざした社会、社会主義がめざした社会
反核から原子力導入へ、突然の転回
安全が神話になるとき)
第4章 福島第一原発事故後をどう生きるか?(「わからない」を超える力
コミュニケーションの回路をもつこと)
終章 黙示録の解放(アメリカにとってのヒロシマ
ナガサキに「原爆ドーム」がないのはなぜか?
五度目の被ばくに学ぶこと)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可