きのこの話

新井 文彦

「きのこ」と、
ゆっくりつぶやくだけで、
いい夢を見られると思う。
糸井重里

小さくて可愛くて不思議な森の住人。立ち枯れの木、倒木、落ち葉、生木にも地面からもにょきにょき。「きのこ目」になって森へ出かけよう! カラー写真多数。

きのこの話
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体980円+税
  • Cコード:0245
  • 整理番号:176
  • 刊行日: 2012/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68877-4
  • JANコード:9784480688774
新井 文彦
新井 文彦

アライ フミヒコ

1965年生まれ。きのこ・粘菌写真家。明治大学文学部卒業。ライター業、コピーライター業に加え、夏から秋にかけては、北海道・道東地方で、ネイチャーガイドにもいそしむ。ほぼ日刊イトイ新聞にて「きのこの話」連載中。

著者に関する情報

ウェブサイト「浮雲倶楽部」はこちら

この本の目次

はじめに 「きのこ目」になろう
第1章 きのこって何だろう?(植物よりも動物に近い!?
どんなところに生えるの?
きのこの好みを知ると発見率がアップ)
第2章 きのこの森へ出かけよう(春、きのこの季節がやってきた
草花とも仲良し!
トドマツの森はきのこの宝庫
広葉樹の森には第一級の食菌が)
第3章 あれもきのこ、これもきのこ!?(虫もきのこが大好き!
夏のきのこ探しの心得
きのこっぽいきのこ
小さくて不思議な形、これも?
森の仲間、粘菌たち
豊かな森に棲む地衣類って?)
第4章 たかがきのこ、されどきのこ(華やかに色づく森へ
真っ白い静寂の森にもひっそりと
きのこをもっと楽しもう!)
おわりに きのこと、森と、自然と、人と

読者の感想

2014.10.07 フシモ

図書館でふと手に取りました。写真がとてもきれいなのと、新井さんのきのこへの愛がひしひしと伝わってきました。通勤電車で思わず微笑んでしまいました。そばに置いておきたくてすぐに購入しました!読むと森へ行きたくなる本です。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可