キャリア教育のウソ

児美川 孝一郎

「やりたいこと至上主義」
のワナとは

この十年余りで急速に広まったキャリア教育。でも、正社員になれればOK? やりたいこと至上主義のワナとは? 振り回されずに自らの進路を描く方法、教えます。

キャリア教育のウソ
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0230
  • 整理番号:197
  • 刊行日: 2013/06/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68899-6
  • JANコード:9784480688996

この本の内容

二〇〇〇年代初頭から急速に広まったキャリア教育。でも、正社員になれればOK?キャリアプランなんて立てられる?やりたいこと至上主義のワナとは?常識に振り回されずに自らの進路をつかみとる方法、教えます。

この本の目次

プロローグ それぞれの卒業後
第1章 キャリア教育って、なに?(キャリア教育の狭すぎるかたち
キャリア教育の原点)
第2章 ウソで固めたキャリア教育?(「やりたいこと」探しの隘路
「職場体験」って意味があるの?
「キャリアプラン」なんて、立てられるの?
「正社員モデル」の限界)
エピローグ 転換期を生きるということ

読者の感想

2014.11.03 ひゅう

私の胸につかえていたモノが一気に無くなったような気がしました。
私は田舎の中小製造業(下請け)の採用担当(人事)の仕事をしています。


毎年、地元の中学校から「職場体験」の受け入れを依頼され、受け入れていますが、実際に来る子はたいして製造業に興味があるわけでもなく、やらなければならないから仕方なく「職場体験」に来ているようでした。
高校では実際の製造業で製造以外にもいろいろな職があることを話して欲しい、ということで文系向けの仕事紹介も話していますが先生たちからは「生徒たちは医師、看護師、保育士としった師(士)が付く職業ばかり考えている」と嘆きの言葉が・・・。
中学からのキャリア教育はおかしいです。
児美川先生のおっしゃる通り、正社員だけが正解では無い、とともに、現状のキャリア教育の結果、新卒就職できない人は減ったのでしょうか?
企業の人事担当としても協力したいですが、方向性が間違っているキャリア教育では、疑問ばかり感じてしまいます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可