新聞記者 現代史を記録する

若宮 啓文

日本の深層を歩いた
元朝日新聞主筆の軌跡

新聞は何を、どう報じているのか。震災報道や部落問題、冷戦の終焉や政界再編、領土問題など数々の「現場」を歩いてきたベテラン記者が、その裏側を解き明かす。

新聞記者 現代史を記録する
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0200
  • 整理番号:202
  • 刊行日: 2013/09/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-68903-0
  • JANコード:9784480689030

この本の内容

冷戦の終焉、「55年体制」の解体、そして「3・11」。軋む日本はジャーナリストの目にどう映ったのか。大変貌と向き合った新聞記者の40年。

この本の目次

第1章 震災報道の現場から―ニュース報道の原点(三月十一日のこと
八十八年前は東京本社が焼失 ほか)
第2章 「差別」の中を歩く―長野で体験したこと(偶然の出会い
これぞ「いじめ」 ほか)
第3章 ロッキード、消費税、冷戦後―永田町の内と外(「総理番」は疲れる
夜討ち、朝駆け、ハコ乗り ほか)
第4章 アジアの戦争は終わったか―分断と領土・歴史と(初めての韓国
北朝鮮で見たもの ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可