いのちと重金属 ─人と地球の長い物語

渡邉 泉

人類が魅せられた
キケンな存在。

多すぎても少なすぎても困る重金属。健康を維持し文明を発展させる一方で、公害の源となり人を苦しめる。重金属とは何か?から、科学技術と人の関わりを考える。

いのちと重金属 ─人と地球の長い物語
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0243
  • 整理番号:206
  • 刊行日: 2013/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-68908-5
  • JANコード:9784480689085
渡邉 泉
渡邉 泉

ワタナベ イズミ

1971年、大分県に生まれる。1998年愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程修了。東京農工大助手等を経て、東京農工大学大学院農学研究院環境毒性学研究所(環境汚染解析分野)准教授。専攻は環境化学・環境毒性学。 著書に、『重金属のはなし』(中公新書)、『いのちと汚染と重金属』(本の泉社)、『環境毒性学』(共著、朝倉書店)などがある。

この本の内容

文明を躍進させたり、生物の身体の調子を整えたりする一方で、毒や公害の要因となって、人を苦しめる重金属。多くても少なすぎても困る存在だ。重金属とは何か?から、科学技術と人との関わりを考える。

この本の目次

1章 重金属とはなんだろうか(重金属の定義
金属の特徴とは ほか)
2章 重金属といのちの物語(重金属の誕生
太陽系の誕生・地球の誕生 ほか)
3章 重金属と人類の物語(重金属で身の回りを彩った古代人
古代人の道具になった銅と鉄 ほか)
4章 重金属による公害を知ろう(健康被害の発生
公害とはなんだ? ほか)
5章 重金属のいまと未来(産業を支える重金属・レアメタル
ハイテク技術を切り拓く重金属 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可