路地の教室 ─部落差別を考える

上原 善広

部落問題を考える
はじめの一冊

「路地(同和地区、被差別部落)って何?」「差別なんて今もあるの?」「同和教育、同和利権とは?」すべての疑問に答えます。部落問題を考える、はじめの一冊!

路地の教室 ─部落差別を考える
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:209
  • 刊行日: 2014/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-68911-5
  • JANコード:9784480689115
上原 善広
上原 善広

ウエハラ ヨシヒロ

1973年大阪府松原市出身。大阪体育大学卒業後、ノンフィクションの取材・執筆を始める。2010年、『日本の路地を旅する』(文藝春秋)で第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年、第18回雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞。著書に、『私家版差別語辞典』(新潮選書)、『被差別の食卓』『異形の日本人』『聖路加病院訪問看護科』(以上、新潮新書)、『異貌の人びと』(河出書房新社)など多数。

この本の内容

「路地(同和地区、被差別部落)って何?」「住所による差別なんて今もあるの?」「知らなければ差別はなくなる?」「同和教育、同和利権とは?」全国千か所以上の路地を歩いた著者が全ての疑問に答えます。差別について、他者について、イチから考えてみよう。

この本の目次

1限目 路地とは何か
2限目 路地を書くこと
3限目 路地のルーツ
4限目 同和教育と解放教育
5限目 同和利権
6限目 差別とは何か

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可