気ままに漢詩キブン

足立 幸代 編著 , 三上 英司 監修

千年前の人たちも
飲んで騒いで恋してる!

「難しくてよくわからない」と敬遠されがちな漢詩。そんな漢詩のおもしろさを、現代的なキャッチコピー・感性豊かな現代語訳・親しみやすいイラストで紹介する。

気ままに漢詩キブン
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体850円+税
  • Cコード:0298
  • 整理番号:210
  • 刊行日: 2014/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68912-2
  • JANコード:9784480689122
足立 幸代
足立 幸代

アダチ サチヨ

1976年兵庫県生まれ。2013年、武蔵野美術大学通信教育課程コミュニケーションデザインコース卒業。中国古代史ファン。

三上 英司
三上 英司

ミカミ エイジ

1961年北海道生まれ。筑波大学大学院修士課程修了。山形大学地域教育文化学部地域教育文化学科教授。中国古典文学者。筑摩書房教科書編集委員(漢文)。

この本の内容

「難しくてよくわからない」と敬遠されがちな漢詩を女子感覚の現代語訳で身近に感じてみよう。堅苦しい解釈抜きに読んでみると千年前の人たちも、飲んで騒いで恋してる―そんな姿が見えてくる。

この本の目次

1章 恋はいつでもウラハラ(ドタキャンのにおい―「静女」詩経
ツンデレ?―「〓(けん)裳」詩経 ほか)
2章 酒をやめたら寝こんじゃう(まだかなまだかな―「待酒不至」李白
朝酒サイコー―「卯時酒」白居易 ほか)
3章 生まれてくれて、ありがとう(どうか元気に育っておくれ―「命子」陶淵明
うちのやんちゃ娘―「嬌女詩一首」左思 ほか)
4章 今日も一首、よませてもらおう!(嬉しくならずにいられない―「自遣」王安石
開放感いっぱい―「登科後」孟郊 ほか)
5章 あの月はどこからきたの(静謐な梅花の庭―「山園小梅」林甫
印象派の絵画のよう―「海棠渓」薛涛 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可