中学生からの大学講義 3 科学は未来をひらく

桐光学園 編集 , ちくまプリマー新書編集部 編集 , 村上 陽一郎 著 , 中村 桂子 著 , 佐藤 勝彦 著 , 西成 活裕 著 , 長谷川 眞理子 著 , 藤田 紘一郎 著 , 福岡 伸一 著 , 高藪 縁

素朴な疑問の探求から、
最先端の研究まで!

宇宙はいつ始まったのか? 生き物はどうして生きているのか? 科学は長い間、多くの疑問に挑み続けている。第一線で活躍する著者たちが広くて深い世界に誘う。

中学生からの大学講義 3 科学は未来をひらく
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0240
  • 整理番号:228
  • 刊行日: 2015/03/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-68933-7
  • JANコード:9784480689337
桐光学園
桐光学園

トウコウガクエン

神奈川県川崎市に所在する中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校

村上 陽一郎
村上 陽一郎

ムラカミ ヨウイチロウ

1936年、東京生まれ。現在、国際基督教大学教授、東京大学名誉教授。専門は科学史・科学哲学・科学技術社会学。『新しい科学論』『安全と安心の科学』などの著書がある。

この本の内容

宇宙ってなんだろう?生き物や人間はどうして生きているんだろう?自然とは?自分とは?科学は長い時間をかけて、それらの疑問を考え続けている。第一線で活躍する著者たちが、科学の奥深い世界に誘う。

この本の目次

科学の二つの顔(村上陽一郎)
私のなかにある38億年の歴史―生命論的世界観で考える(中村桂子)
宇宙はどのように生まれたか―現代物理学が迫るその誕生の謎(佐藤勝彦)
宇宙から観る熱帯の雨―衛星観測のひもとくもの(高藪縁)
社会の役に立つ数理科学(西成活裕)
ヒトはなぜヒトになったか(長谷川眞理子)
「共生の意味論」きれい社会の落とし穴―アトピーからガンまで(藤田紘一郎)
生命を考えるキーワード それは“動的平衡”(福岡伸一)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可