中学生からの大学講義 5 生き抜く力を身につける

桐光学園 編集 , ちくまプリマー新書編集部 編集 , 大澤 真幸 著 , 北田 暁大 著 , 多木 浩二 著 , 宮沢 章夫 著 , 阿形 清和 著 , 鵜飼 哲 著 , 西谷 修

もがき、考えたことが
未来を決める!

自由なはずの社会で、私たちは息苦しさを感じている。既存の枠組みを超えた先人達に学ぶ、見取り図のない時代を生きるサバイバル術!

中学生からの大学講義 5 生き抜く力を身につける
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:230
  • 刊行日: 2015/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-68935-1
  • JANコード:9784480689351
桐光学園
桐光学園

トウコウガクエン

神奈川県川崎市に所在する中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校

大澤 真幸
大澤 真幸

オオサワ マサチ

1958年長野県松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。個人思想誌『THINKING「O」』(左右社)主宰。専攻は比較社会学・社会システム論。著書『ナショナリズムの由来』(講談社、毎日出版文化賞)、『夢よりも深い覚醒へ』『不可能性の時代』(以上、岩波新書)、『増補 虚構の時代の果て』『恋愛の不可能性について』(以上、ちくま学芸文庫)、『ふしぎなキリスト教』(共著、講談社現代新書、新書大賞)など多数。

北田 暁大
北田 暁大

キタダ アキヒロ

1971年生まれ。東京大学大学院情報学環准教授。社会学、メディア論。博士(社会情報学)。著書に『広告の誕生――近代メディア文化の歴史社会学』(岩波現代文庫)、『責任と正義――リベラリズムの居場所』(勁草書房)、『〈意味〉への抗い――メディエーションの文化政治学』(せりか書房)、『嗤う日本の「ナショナリズム」』『東京から考える――格差・郊外・ナショナリズム』(NHKブックス)など多数。

多木 浩二
多木 浩二

タキ コウジ

1928年神戸生まれ。東京大学文学部美学美術史学科卒業。元東京造形大学教授、元千葉大学教授。専攻は芸術学、記号論。現代文化の諸問題を多角的に哲学する思想家として知られる。著書に『スポーツを考える』(筑摩書房)、『肖像写真』『「もの」の詩学』『天皇の肖像』(岩波書店)、『欲望の修辞学』『死の鏡』(青土社)など。

宮沢 章夫
宮沢 章夫

ミヤザワ アキオ

1956年静岡県生まれ。劇作家・演出家・作家・早稲田大学文学学術院教授。90年、演劇ユニット「遊園地再生事業団」を結成し、1993年戯曲『ヒネミ』(白水社)で岸田國士戯曲賞を受賞、2010年『時間のかかる読書』(河出文庫)で伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。著書に『牛への道』『わからなくなってきました』(新潮文庫)、『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット第三集』(新潮社)、『長くなるのでまたにする。 』(幻冬舎)、『東京大学「80年代地下文化論」講義 決定版』(河出書房新社)など多数。

著者に関する情報

「webちくま」にて、「テクの思想と、その展開」連載中。[こちら]

西谷 修
西谷 修

ニシタニ オサム

1950年愛知県生まれ。東京大学法学部、東京都立大学大学院、パリ第8大学などで学ぶ。フランス思想、とくにバタイユ、ブランショ、レヴィナス、ルジャンドルらを研究。明治学院大学教授、東京外国語大学大学院教授等を経て現在立教大学大学院特任教授。著書に『不死のワンダーランド』(増補新版、青土社)、『戦争論』(講談社学術文庫)、『世界史の臨界』(岩波書店)、『理性の探求』(同)など、訳書にブランショ『明かしえぬ共同体』(ちくま学芸文庫)、レヴィナス『実存から実存者へ』(同)、バタイユ『非‐知』(平凡社ライブラリー)などがある。

この本の内容

いくらでも選択肢のあるこの社会で、私たちは息苦しさを感じている。既存の枠組みを超えてきた先人達から、見取り図のない時代を生きるサバイバル技術を学ぼう!

この本の目次

自由の条件(大澤真幸)
いま君たちは世界とどうつながっているか(北田暁大)
キャプテン・クックの航跡(多木浩二)
地図の魅力とその見方(宮沢章夫)
イモリやプラナリアの逞しさに学ぶ(阿形清和)
“若さの歴史”を考える(鵜飼哲)
私たちはどこにいるのか?―哲学入門(西谷修)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可