弱虫でいいんだよ

辻 信一

敗けるが勝ち!?
“弱さ”と“愛”の人類学
webちくまの人気連載を書籍化

弱いよりも強い方がいいのだろうか?今の社会の価値基準が絶対ではないとしたら……。動植物の性質や古代文化から強さの陰に隠れている弱さの価値に光を当てる!

弱虫でいいんだよ
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:246
  • 刊行日: 2015/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68950-4
  • JANコード:9784480689504

この本の内容

「強い」のは良いこと、「弱い」のは悪いこと、とされているけれど、本当だろうか?生物に優劣がつけられないように、強弱も絶対ではないことを心に留めて、「弱さ」について考えてみよう。

この本の目次

第1章 「弱さ」とは何か?(生きものにとっての「強さ」とは
「弱肉強食」を超えて
オンリーワンの場所)
第2章 動物たちに学ぶ(ナマケモノから学ぶこと
この世界はだれのもの?
人間の方が「上」なのか?)
第3章 野生との和解に向けて(「人間が上」が当たりまえか
自然界へと通じる道)
第4章 「弱さ」が輝き始めるとき(自然は人間に何を求めているのか?
「民主主義」を定義し直す
「進化」を定義し直す
生物に優劣はつけられない
勝ち負けなし!)
第5章 弱虫でいいんだよ(人は愛なしには生きられない
ちょうどいい小ささ・ちょうどいい遅さ
競争を超えて
「フェア」な世界へ!)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可