写真のなかの「わたし」 ─ポートレイトの歴史を読む

鳥原 学

写真の誕生から
プリクラ、自撮りまで

みんなが必ず持っているプロフィール写真。移り変わってきたその意味と役割を、写真の誕生から最近の「自撮り」ブームまで読み解く。

写真のなかの「わたし」 ─ポートレイトの歴史を読む
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体920円+税
  • Cコード:0272
  • 整理番号:251
  • 刊行日: 2016/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68955-9
  • JANコード:9784480689559

この本の内容

携帯電話やスマートフォンで、誰もが気軽に撮影する。撮った写真を人に送ったり、SNSで広めたりもする。いちばん多く撮るのが、ポートレイト写真。なぜみんな撮りたがる?それにはどんな意味がある?写真の誕生からプリクラ、自撮りまで。

この本の目次

第1章 ポートレイトは何を語るのか(顔を集める
パターンのなかの個性
証明写真の役割
顔が物語っているもの)
第2章 理想の私を求めて―ファッションとポートレイト(現実と理想とのギャップ
日本人のモード
「読者モデル」と「ストリートスナップ」)
第3章 自撮りとコスプレ(自分を描く動機
プリクラと写メ
コスプレ写真の現在)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可