投票に行きたくなる国会の話

政野 淳子

公職選挙法改正で18歳以上に選挙権が与えられる。国会の内実を知って、よりよい政治を作るために国会と国会議員を使い倒そう。

投票に行きたくなる国会の話
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0231
  • 整理番号:255
  • 刊行日: 2016/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-68962-7
  • JANコード:9784480689627

この本の内容

国会は、暮らしやすい社会を作るための話し合いの場。十八歳になったらだれでも選挙権があるし、投票以外にも、私たちの声を政治に生かす方法はある。国会の仕組みをよく知って国会議員を使い倒そう。

この本の目次

序章 投票する権利を持ったあなたへ
第1章 国会を動かす
第2章 立法に参加する
第3章 予算審議に参加する
第4章 行政の活動をみんなで良いものにする
第5章 裁判所の使い勝手を良くする
終章 政治はみんなのもの

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可