高校図書館デイズ ─生徒と司書の本をめぐる語らい

成田 康子

北海道・札幌南高校の図書館。そこを訪れる生徒たちが、本を介し司書の先生に問わず語りする。生徒の人数分だけある、それぞれの青春と本とのかけがえのない話。

高校図書館デイズ ─生徒と司書の本をめぐる語らい
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:280
  • 刊行日: 2017/06/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-68984-9
  • JANコード:9784480689849
成田 康子
成田 康子

ナリタ ヤスコ

1955年北海道生まれ。1982年より学校司書として札幌月寒高校、大麻高校、札幌南高校勤務。2004年より2015年まで北海道高等学校文化連盟図書専門部事務局長。著書に『高校図書館ーー生徒がつくる、司書がはぐくむ』(みすず書房、2013)、『みんなでつくろう学校図書館』(岩波ジュニア新書、2012)。共著に、全国学校図書館協議会北欧学校図書館研究視察団『北欧に見る 学校図書館の活用』(2007)、全国学校図書館協議会編『人とメディアをつなぐ 学校司書のしごと』(2006、いずれも全国学校図書館協議会刊行)ほか。

この本の内容

北海道・札幌南高校の図書館。ここを訪れる生徒たちは、本を介して司書の先生に自分のことを語り出す。生徒たちの数だけある、彼らの青春と本にまつわるかけがえのない話。

この本の目次

日常を跳ぶ(作家と「言葉のキャッチボール」
壇上から見た景色を忘れない―高校生ビブリオバトル大会
わたしを取り巻く世界を、わたしの言葉で)
世界を追いかけて(文字―その魅惑的な世界
地図を片手に三次元の世界へ
格好いいな、寺山)
創造に魅せられる(最後の一音が消えるとき
山と、ダンスと、太宰治
絵を描くこと、本を読むこと
小説を書く)
旅ははじまったばかり(遠距離通学と読書の時間
SFの想像力と世界史
わたしたちは少しずつ大人になる)

読者の感想

2017.6.21 秋山 孝二

札南高生の多彩で、本に向き合う自由闊達・自主自立的な姿を誇りに思います。人生の主人公は自分、を地で行く思索の奥行きを感じると同時に、そんな高校生たちと対話を続けてきた成田康子先生のお人柄に拍手喝采です。
私自身、本との向き合い方をもっと窮屈に考えていたことを後悔していますが、今はやっと楽しめる時間となっています。

数十年後のこの子たちが楽しみですね。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可