小山清全集

小山 清

束の間の不遇の生涯にあって文学をひとすじに信じ、心あたたまる作品を書き綴った作家の、つつましくも強烈な魅力を放つ全小説とエッセーを集成。『小山清全集』(一九六九年)に新たに十二篇を増補し、解題・詳細年譜を付す。

小山清全集
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体12,000円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1999/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:672
  • ISBN:4-480-70391-8
  • JANコード:9784480703910

この本の内容

明治の匂いの消えのこる浅草界隈に生い育ち、片隅に生きる人々の小さな人生に澄んだ眼ざしを注ぎ、純粋無比の作品を遺して短かい生涯を終えた作家・小山清―不偶の中で呻きながらも文学を信じて心あたたまる作品を書きつづけた小説家の稀有な文業を集成。『小山清全集』(1969年)に新たに十余篇を増補し、解題・年譜を付した決定版全集。

この本の目次

落穂拾ひ
小さな町
犬の生活
日日の麺麭
幸福論
随筆
日記
書簡
補遺

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可