放哉全集 3 ─短編・随想・日記ほか

尾崎 放哉 著 , 村上 護 編集 , 瓜生 鐵二 編集

放哉全集 3 ─短編・随想・日記ほか
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体6,000円+税
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/04/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5変判
  • ページ数:376
  • ISBN:4-480-70433-7
  • JANコード:9784480704337
尾崎 放哉
尾崎 放哉

オザキ ホウサイ

(1885−1926) 現在の鳥取市に生まれる。本名・秀雄。東京帝国大学法学部卒業後、東洋生命保険株式会社に入社。旧制中学時代から句作を始め、一高俳句会に参加、荻原井泉水の「層雲」に寄稿するなど、自由律の俳人として句作を続けた。流浪遁世ののち小豆島南郷庵にて41歳で病死。

村上 護
村上 護

ムラカミ マモル

1941年愛媛県大洲市生まれ。愛媛大学卒業。作家。主な著書に、『放浪の俳人山頭火』『中原中也の詩と生涯』『聖なる無頼 坂口安吾の生涯』『種田山頭火』他。

この本の内容

鳥取一中の校友会誌『鳥城』掲載の短歌や随想、第一高等学校校友会雑誌に書いた「俺の記」「非同色」、『層雲』に寄せた「北朗来庵」「入庵雑記」、残された草稿「夜汽車」「序文」、日録「入庵食記」を収録。アルバム、知人の回想、詳細年譜、俳句索引を併せて掲載した。

この本の目次

短歌(大岩を)
短編(夜汽車
俺の記)
随想(面白き現象

非同色 ほか)
日記(念彼観音力
入庵食記)
回想(尾崎家と彼
伊藤俊二あて書簡
手紙 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可