上林暁全集12 ─小説十二

上林 暁

上林暁全集12 ─小説十二
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体6,400円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2001/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5変判
  • ページ数:468
  • ISBN:4-480-70462-0
  • JANコード:9784480704627

この本の内容

三十七年に再度の脳溢血に倒れ、右半身不随のまま創作活動を続ける。病床で書かれた「白い屋形船」は読売文学賞受賞。第二十一〜二十四創作集『御目の雫』『迷ひ子札』『諷詠詩人』『白い屋形船』を中心に三十篇収録。

この本の目次

御目の雫
ほほゑましき結婚
とんと
番外番地からの手紙
美人画幻想
市中隠栖
狂院幻想
仕事部屋附近
近来の名文
お月さん
迷ひ子札
新年の客
女流書家
城ヶ島便り
目下帰省中
展墓の章
生家にて
大〓(エイ)の話
なれの果て伊豆を歩く女
去年の薔薇
諷詠詩人
小説青年社・その後
白い屋形船
野山
引越し
坪井立町の八百屋
母ハルエ
父イタロウ
包丁のあと

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可