宮沢賢治コレクション 3 よだかの星 ─童話3・初期短篇

宮沢 賢治 著 , 天沢 退二郎 監修 , 入沢 康夫 監修 , 栗原 敦 編集 , 杉浦 静 編集

第3巻は表題作をはじめ、「貝の火」「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」等の童話19篇と「電車」「図書館幻想」等の初期短篇7篇を併せて収録。

宮沢賢治コレクション 3 よだかの星 ─童話3・初期短篇
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体2,500円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/03/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-70623-2
  • JANコード:9784480706232
宮沢 賢治
宮沢 賢治

ミヤザワ ケンジ

1896-1933。岩手県花巻市の生まれ。生家は古着・質商。盛岡の高等農林学校在学中に詩や散文の習作をはじめる。日蓮宗に深く帰依し、一時上京して布教生活を送る。帰郷後は農学校で教えつつ多くの詩や童話を書く。やがて農学校を退職、「羅須地人協会」をつくり、農民への献身の生活に入った。生前はほとんど無名のままに死去。病床のなかで手帳に綴ったのが「雨ニモマケズ」の詩。

天沢 退二郎
天沢 退二郎

アマザワ タイジロウ

1936年生まれ。詩人、フランス文学者。宮澤賢治研究でも知られ、評論に『《宮沢賢治》のさらなる彼方を求めて』などがある。

入沢 康夫
入沢 康夫

イリサワ ヤスオ

1931年生まれ。詩人。フランス文学者。日本芸術院会員。詩集で多くの受賞作があると共に詩論集も多く発表し、実作のみならず理論面でも多大な影響を与える。宮沢賢治、ネルヴァル等の研究でも名高い。1998年、紫綬褒章受章。評論に『宮沢賢治 プリオシン海岸からの報告』(1991年、筑摩書房)等がある。

栗原 敦
栗原 敦

クリハラ アツシ

1946年(昭和21年)生まれ。実践女子大学教授。『新校本宮澤賢治全集』の編纂委員を務める。著書に『宮沢賢治 透明な軌道の上から』『詩が生まれるところ』、共編著に『宮沢賢治 童話の宇宙』『宮沢賢治入門』『図説 宮澤賢治』『別冊太陽 宮沢賢治』などがある。宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事。

杉浦 静
杉浦 静

スギウラ シズカ

1952年生まれ。大妻女子大学文学部教授、宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事。著書に『宮沢賢治 明滅する春と修羅』などがある。

この本の内容

童話・詩作品を中心に賢治の作品世界を、より広く、より深く味わえるコレクション全10巻。第3巻は、名作の評価の高い表題作をはじめとして、「貝の火」「ひかりの素足」「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」など珠玉の童話19篇と「電車」「図書館幻想」ほか初期短篇7篇を併せて収録。

この本の目次

蜘蛛となめくじと狸
双子の星
貝の火
いちょうの実
よだかの星
さるのこしかけ
めくらぶどうと虹
気のいい火山弾
「ツェ」ねずみ
鳥箱先生とフゥねずみ
クンねずみ
十力の金剛石
若い木霊
カイロ団長
とっこべとら子
よく利く薬とえらい薬
十月の末
ひかりの素足
ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記
「旅人のはなし」から
復活の前
秋田街道
柳沢
花椰菜
電車
図書館幻想

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可