中野重治全集18 ─プロレタリア文学の人びと

中野 重治 著 , 松下 裕 編集

中野重治全集18 ─プロレタリア文学の人びと
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体9,000円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/09/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:552
  • ISBN:4-480-72038-3
  • JANコード:9784480720382
松下 裕
松下 裕

マツシタ ユタカ

1930年生まれ。早稲田大学ロシア文学科卒業。著書に『チェーホフの光と影』『ロシアの十大作家』ほか、訳書に『チェーホフ全集』全12巻『チェーホフ・ユモレスカ』全3巻、『チェーホフ短篇集』ほか。

この本の内容

作家・作品論。著者はたとえば宮本百合子を、空にかかる虹のような、徳永直を、地を這う蔓野菜のような存在として語っている。こういう『種蒔く人』以来のプロレタリア文学の先輩、同僚、後進たちの文学的肖像は、同時代の作家としての貴重な証言である。

この本の目次

『種蒔く人』の人びとへの感謝
三十二歳から四十三歳まで
『青野季吉選集』について
人と人との親しみ
青野季吉研究
『海に生くる人々』
葉山について
「海に生くる人々」の言葉
『葉山嘉樹日記』序にかえて
葉山の手紙〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可