吉川幸次郎全集16 ─清・現代篇

吉川 幸次郎

吉川幸次郎全集16 ─清・現代篇
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体8,200円+税
  • Cコード:1398
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1999/01/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:672
  • ISBN:4-480-74616-1
  • JANコード:9784480746160
吉川 幸次郎
吉川 幸次郎

ヨシカワ コウジロウ

1904年、神戸市に生まれ、1980年、没。1923年京都帝大文学科に入学、支那文学を専攻。28年中国に留学、31年帰国。同年、東方文化学院(京都大学人文科学研究所東方学研究部)の研究員となり16年間をすごす。47年京都大学教授。この間、数々の著書を発表、日本の中国文学の普及に大きく貢献、芸術院会員、文化功労者となる。主な著書に、『尚書正義』、『杜甫私記』、『読書の学』、『仁斎・徂徠・宣長』、『吉川幸次郎全集』(全27巻+別巻1)などがある。

この本の内容

著者は、清朝経学の緻密と繊細を愛し、この方法を文学に適用した。清朝人の子孫と自負された所以である。「清代三省の学術」「銭謙益と清朝経学」「中国の文学革命」他を収録する。

この本の目次

清代三省の学術
銭謙益と東林―政客としての銭謙益
居士としての銭謙益―銭謙益と仏教
銭謙益と清朝「経学」
童年の追憶
李笠翁がこと
述曝書亭詞
漁洋山人の「秋柳詩」について
査初白
「四庫全書」について〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可