柳田國男全集33 作品・論考編 昭和30〜37年 ─作品・論考編 昭和30〜37年

柳田 國男 著 , 伊藤 幹治 編集 , 後藤 総一郎 編集

海上移住の話、田山のこと、国語の進むべき道、神道史の一問題、米と日本人、入墨の話、折口君の学問、日本における内と外の観念、柳翁閑談など、定本未収録多数。

柳田國男全集33 作品・論考編 昭和30〜37年 ─作品・論考編 昭和30〜37年
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体8,800円+税
  • Cコード:0339
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2005/03/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:688
  • ISBN:4-480-75093-2
  • JANコード:9784480750938
柳田 國男
柳田 國男

ヤナギタ クニオ

(1875−1962)兵庫県に生まれる。幼少年期より文学的才能に恵まれ、短歌、抒情詩を発表。東京帝国大学を卒業後、農商務省、貴族院勤務を経て、朝日新聞社に入社。勤務の傍ら全国各地を旅行し、民俗学への関心を深める。1909年、日本初の民俗誌『後狩詞記』を発表、以後『遠野物語』から晩年の『海上の道』に至るまで多大な業績を遺す。

伊藤 幹治
伊藤 幹治

イトウ ミキハル

一九三〇年東京都に生まれる。一九五三年國學院大學大学院文学研究科修士課程修了。国立民族学博物館教授、成城大学教授、成城大学民俗学研究所所長を歴任。国立民族学博物館名誉教授、文学博士。柳田国男全集編集委員。第一回澁澤賞・第一八回南方熊楠賞受賞。著書に、『稲作儀礼の研究──日琉同祖論の再検討』(而立書房)、『柳田国男──学問と視点』(潮出版社)、『沖縄の宗教人類学』(弘文堂)、『家族国家観の人類学』(ミネルヴァ書房)、『宴と日本文化──比較民俗学的アプローチ』(中央公論社)、『宗教と社会構造』(弘文堂)、『贈与交換の人類学』(筑摩書房)、『柳田国男と文化ナショナリズム』(岩波書店)、『日本人の人類学的自画像──柳田国男と日本文化論再考』(筑摩書房)、『柳田国男と梅棹忠夫──自前の学問を求めて』(岩波書店)などがある。

この本の内容

海上移住の話・田山のこと・国語の進むべき道・神道史の一問題・米と日本人・入墨の話・折口君の学問・日本における内と外の観念・俳談・柳翁閑談など、定本未収録多数。

この本の目次

便り
今までの日本語
歌会始の儀
七万の“知られざる日本語”
二つの精進
海上移住の話
郷土研究と東筑摩教育会の思い出
貴重な三年間
国語教育の進むべき道
柳田国男氏の国語研究所への祝辞〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可