渡邊二郎著作集 9 解釈・構造・言語

渡邊 二郎 著 , 高山 守 編集 , 千田 義光 編集 , 久保 陽一 編集 , 榊原 哲也 編集 , 森 一郎 編集

存在の思想と
構造主義・分析哲学の対決
『構造と解釈』『英米哲学入門』
どちらが根本的な問いか?

現代思想の奔流、構造主義と解釈学の連関を考察した『構造と解釈』と、英米哲学とドイツ哲学の分裂の克服を目指した『英米哲学入門』ほかを収録。解題 佐々木一也

渡邊二郎著作集 9 解釈・構造・言語
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体8,200円+税
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/06/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:650
  • ISBN:978-4-480-75269-7
  • JANコード:9784480752697
渡邊 二郎
渡邊 二郎

ワタナベ ジロウ

昭和6-平成20年。東京大学文学部哲学科卒業。同大学文学博士。東京大学文学部教授、放送大学教授等を歴任。実存主義、解釈学、フッサール、ハイデッガー等について著書多数。訳書にフッサール『イデーン1-1・2』、『イデーン3』、ハイデッガー『存在と時間』(共訳)等がある。『渡邊二郎著作集』全12巻(筑摩書房)が刊行されている。

久保 陽一
久保 陽一

クボ ヨウイチ

1943年生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。現在、駒澤大学教授。文学博士。専門はドイツ観念論。著書に『生と認識 超越論的観念論の展開』(知泉書館)、『ヘーゲル論理学の基底』(創文社)、『初期ヘーゲル哲学研究』(東京大学出版会)など、訳書にヘーゲル『信仰と知』(公論社)などがある。

榊原 哲也
榊原 哲也

サカキバラ テツヤ

1958年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(哲学研究室)。現象学・解釈学・実存哲学に関する歴史的・体系的研究を行っている。また、看護やケア一般に関する質的研究法の一つである「現象学的アプローチ」から「ケアの現象学」を立ち上げる試みも行っている。主著に『フッサール現象学の生成――方法の成立と展開』(東京大学出版会、2009年)がある。

この本の内容

存在の思想と構造主義・分析哲学の対決。『構造と解釈』、『英米哲学入門』、どちらがより根本的な問いか。

この本の目次

1 構造と解釈(「構造と解釈」への問い
構造主義の登場
構造主義における構造
構造分析の実例とその帰結
構造主義への批判
近代科学の背景
近代的知の射程
ラッセル批判)
2 英米哲学入門(現代哲学への視点
英語圏の哲学とヨーロッパ大陸の哲学との分裂
哲学史的研究の方法態度
言語論的転回の前提とその基本態度
言語論的転回の成果と哲学の可能性
観念論論駁
常識の擁護
パラドックスと階型理論)
3 存在と了解をめぐって(バークレにおける思想体験
了解について
現代における存在の問題)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可