トーベ・ヤンソン・コレクション 6 太陽の街 ─太陽の街

トーベ・ヤンソン 著 , 冨原 眞弓 翻訳

椰子の木や紺碧の海に囲まれた老人ばかりの小さな街。歳を重ねていくことの滑稽さや悲しみ、愚かしさと賢さについての残酷で誠実な物語。作者渾身の傑作長篇。

トーベ・ヤンソン・コレクション 6 太陽の街 ─太陽の街
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体2,300円+税
  • Cコード:0397
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/09/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六変判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-77016-5
  • JANコード:9784480770165
トーベ・ヤンソン
トーベ・ヤンソン

ヤンソン,トーベ

1914年ヘルシンキ生まれ。2001年6月27日没。スウェーデン系フィンランド人。父は彫刻家、母は挿絵画家という環境に育ち、幼いころから芸術家への道を志す。15歳から絵を学び、はやくから挿絵画家、風刺画家、短編作家としても活躍する。1945年から25年間にわたって書きつづけた「ムーミン」シリーズは世界各国で多くの読者を生み、国際アンデルセン大賞ほかかずかずの賞を受賞する。またシリーズ完結後「おとな向け」の小説の執筆を始め、まったくあらたな境地を切り拓き、独特の作風に高い評価を得た。著書に『彫刻家の娘』『少女ソフィアの夏』(講談社)他多数。

冨原 眞弓
冨原 眞弓

トミハラ マユミ

1954年生まれ。聖心女子大学哲学科教授。フランス哲学専攻。89年にヤンソン作品に出会い、原著を読むためにスウェーデン語を習得。以後、ヤンソン作品の翻訳・研究を多数手掛ける。著書に『シモーヌ・ヴェイユ 力の寓話』『ムーミンを読む』『ムーミン谷のひみつ』『ムーミン谷のひみつの言葉』『トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界』など。訳書にヤンソン作品多数のほか、「ムーミン・コミックス」がある。『根をもつこと』『自由と社会的抑圧』などシモーヌ・ヴェイユ著作の編訳書も多い。

この本の内容

すべて忘れてしまおう、きっぱりと終えるために。梛子の木やハイビスカス、紺碧の海に囲まれた、老人ばかりの小さな街に、ふたりのおかしな若者がやってくる―。歳を重ねていくことの滑稽さや悲しみ、おろかさと賢さについての、ときに残酷でありそして誠実な物語。名作『ソフィアの夏』を彷彿させる、ヤンソン渾身の傑作長編。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可