ヴァレリー集成1 テスト氏と〈物語〉

ポール・ヴァレリー 著 , 恒川 邦夫 編訳

20世紀最大の知性の
輝かしい精神の軌跡を
斬新なテーマ別に編集、
全篇新訳で集成

意識の極限のドラマ「テスト氏」の謎をあかす明快で力感みなぎる新訳。さらにその周辺テクスト、およびマラルメやプルーストなどをめぐる作家論を収め、ヴァレリーの〈物語〉への意志を照射する。

ヴァレリー集成1 テスト氏と〈物語〉
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体6,200円+税
  • Cコード:0398
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:536
  • ISBN:978-4-480-77061-5
  • JANコード:9784480770615
ポール・ヴァレリー
ポール・ヴァレリー

ヴァレリー,ポール

1871年、南仏地中海沿岸のセットに生まれる。モンペリエ大学法学部に入学、ユイスマンス『さかしま』を読み、引用されたマラルメの詩に感動する。ピエール・ルイスやジッドと知り合い、91年にマラルメ宅を訪問。92年、伝説的な〈ジェノヴァの夜〉、94年、『カイエ』を書きはじめる。1917年、『若きパルク』を刊行、名声を得る。25年、アカデミー・フランセーズ会員に選出され、フランスの代表的知性と謳われた。45年、死去。

この本の内容

テーマ別の新集成、意識の極限のドラマ「テスト氏」の謎をあかす明快な新訳、さらにその周辺テクストや作家論を収め、ヴァレリーの“物語”への意志を照射する。

この本の目次

第1部 テスト氏(テスト氏との一夜
序文 英語版「テスト氏との一夜」の ほか)
第2部 物語の断片(物語のかけら(カリュプソ
ロビンソン ほか)
肖像(ステファヌ・マラルメ
マラルメへの最後の訪問 ほか))
第3部 物語作家論(ヴィリエ・ド・リラダンについての講演
デュルタル ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可