幻の名作を復刊

児童劇作家・村山亜土の遺稿に触発された柚木沙弥郎が、愛蔵の端切れを用い、布コラージュの技法で製作した幻の連作を、絵本に仕立てて刊行。ファン必携の一冊。

夜の絵
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0793
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2019/07/11
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B5変判
  • ページ数:44
  • ISBN:978-4-480-80487-7
  • JANコード:9784480804877
柚木 沙弥郎
柚木 沙弥郎

ユノキ サミロウ

1922年生まれ。染色家。芹沢�_介に師事し、1949年国画会デビュー。作家活動のかたわら好美術大学で後進を育成。国内外に多くの愛好家を持つ。

この本の内容

自らの命と、とうてい描ききれないと思える絵を描くことを引き換えにしたある画家の「幸福」な人生―。村山亜土の純粋な言葉の世界を表わすのに柚木沙弥郎が選択したのは、型染めでも絵でもなく、布コラージュだった。それも愛蔵の端切れを用いて。柚木作品の中で最も重要な作品でありながら私家本として刊行されたため、幻の名作となっていた本書を、限定復刊。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可