神田神保町書肆街考  ─世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで

鹿島 茂

世界でも類例のない古書店街・神田神保町。その誕生から現在までの栄枯盛衰を、長年神保町に暮らした著者が、地理と歴史を縦横無尽に遊歩しながら描き出す。

神田神保町書肆街考  ─世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,200円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/02/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:568
  • ISBN:978-4-480-81532-3
  • JANコード:9784480815323

この本の内容

稀代の古書店街として世界に名をとどろかす「神田神保町」はいかにして出来上がったか。そこに蝟集した書店、出版社、取次、大学、語学学校、専門学校、予備校、映画館etc.さまざまな記憶と記録を縦横無尽に召喚し、日本近代を育んだ“特異点”の全貌を描き出す!

この本の目次

1(神保町という地名
蕃書調所の設立
東京大学の誕生
『当世書生気質』に描かれた神保町)
2(明治十年前後の古書店
明治二十年代の神保町)
3(神田の私立大学
漱石と神田
神田の予備校・専門学校)
4(神田神保町というトポス
中華街としての神田神保町
フレンチ・クォーター
お茶ノ水のニコライ堂)
5(古書肆街の形成
神田と映画館
神保町の地霊)
6(戦後の神田神保町
昭和四十〜五十年代というターニングポイント)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可