屋上がえり

石田 千

ナントカとけむりは高いところが好き
屋上を見つけると、とりあえずのぼってみたくなる。
広々とした視界の中で湧き出る小さな想いを描き出す
不思議な味のエッセイ集。

屋上を見つけるととりあえずのぼってみたくなる……百貨店、病院、古書店、母校……広々とした視界の中で湧き出る小さな想いを描き出す不思議な味のエッセイ集。

屋上がえり
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2006/11/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-81652-6
  • JANコード:9784480816528
石田 千
石田 千

イシダ セン

1968年、福島県生まれ、東京育ち。國學院大學文学部卒業。2001年「大踏切書店のこと」で第1回古本小説大賞受賞。著書に『月と菓子パン』(新潮文庫)『踏切趣味』(筑摩書房)『ぽっぺん』(新潮社)『店じまい』(白水社)『部屋にて』『みなも』(角川書店)『きんぴらふねふね』『並木印象』(平凡社)『平日』(文藝春秋)等のエッセイ集が多数。2011年、芥川賞候補作品を含む小説集『あめりかむら』(新潮社)を上梓。(写真撮影 久米簡)

著者からのメッセージ

『屋上がえり』が出来るまで[全文を読む]

この本の内容

屋上を見つけると、とりあえずのぼってみたくなる。百貨店、病院、古書店、母校…広々とした視界の中で湧き出る小さな想いを描き出す不思議な味のエッセイ集。

この本の目次

人工芝に足あと
緑青の耳
愛猫病めり
フラレテシマエ
ナイターあります
お持ち帰りせず
夏の背なか
手帳より
延命第一
さよなら本館
とんかつの敗北
無機庭園
春やつれ
ぼさぼさパンダ
セットバック連峰
それだけの屋上
すっぱいとうふ
日記より
おわび
リトル・イチロー
おしまい前日

読者の感想

2007.8.02 みかん

千さんのエッセイが好きで、殆ど読んでいます。千さんの書く文は、心にじわじわと染み、思いもよらない記憶をよびさますこともあります。ただ、本書については気になったことがあります。それは、登った屋上が殆ど都心ということ。私はだいたいわかりましたが、これでは地方の人等はよくわからないのでしょうか。もっといろんなところが載っているとよかったのになーと思いました。

2007.2.08 (36歳・男性・自由業)

屋上ワールド

年末の朝日新聞で、石田千さんの事を初めて知りました。邪気のない笑顔と、自然な佇まいを見てこの方はタダ者ではない!達人に違いないと直感しました。
その後三省堂本店にて、フレンドリーなイラストが書いてあるサイン本を購入し、個性豊かな屋上ワールドを堪能しました。
今年に入り、平成の文豪、重松清氏の書評も朝日新聞に掲載され、直感は正しかったと思いました。

2007.2.08 (50歳・女性)

かぶってる かぶってる。
神保町さぼうる、朝倉彫塑館、30年前結婚式をした九段会館もでてきて落ちつかない。森戸海岸は葉山の美術館の前だ。石田千は確か江戸川の住人ではなかったか? ふーん「双子座はふた腹もち」ほっとけよと思う。

とりあえず入院中の6階の鉄扉を押して
屋上に出てみるか。

2007.1.21 岩瀬志帆

石田さんのエッセイは凜としている。私は、よく躾された幼児のように、はじめてページを繰る日は、指をよく洗って背筋を伸ばし、石田さんの独特の世界に入る。一語一語が魅力的で詩的で、読後がさわやかである。何でもない日常をパッチワークのようにつなぎあわせる天才でもある。今回も読んですぐに空を眺めた。
自分の目線よりも遙かに高い屋上からよむ人間模様は、ゾクゾクするし、切なくもあった。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可