江戸の[悪霊祓い師]エクソシスト

高田 衛

今から三百年前、教義を逸脱した「悪霊祓い」の呪術をもって人気を博し、浄土宗教団の最高位にまで登りつめたエクソシスト・祐天上人とはいったい何者か?

江戸の[悪霊祓い師]エクソシスト
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,301円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5変判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-82286-0
  • JANコード:9784480822864
高田 衛
高田 衛

タカダ マモル

1930年、富山県生まれ。早稲田大学大学院修士課程、東京都立大学大学院博士課程修了。東京都立大学名誉教授。近畿大学文芸学部教授を務めた。専攻、日本近世文学。著書に『女と蛇』(筑摩書房)、『新編江戸幻想文学誌』、『完本八犬伝の世界』(以上ちくま学芸文庫)。編・校注に『江戸怪談集』上・中・下(岩波文庫)他多数

この本の内容

今から300年まえ、鬼怒川ぞいの小村にひとりの悪霊祓い師が現れ、14歳の若妻の憑き物をおとす。絶大な人気をもって市井の人々に迎えられたこのエクソシスト、祐天上人とは何者か?彼の呪術を最も支持した、江戸城大奥の女たちの心底に澱む不安とは?ついには、浄土宗教団のトップにまで登り詰めた一悪霊祓い師の虚像と実像。

この本の目次

序章 「口ばしり」の伝承
第1部 霊媒伝承(羽生村事件
悪霊祓いの伝説
隠された幼児殺し
因果の図式)
第2部 江戸の悪霊祓い師(聖者の伝説
女の霊力信仰
水子と捨子
虚像と実像)
第3部 霊媒伝承をめぐる付論(累怪談『桜小町』考
南北・馬琴の試行錯誤
怪談の寺)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可