小説家 大岡昇平

菅野 昭正

卓抜な読解に浮かび上がる、
豊穣な作家の〈全体像〉

『俘虜記』、『武蔵野夫人』、完璧主義により描かれた鎮魂の書『レイテ戦記』、『堺港攘夷始末』など、小説家大岡昇{平}のながい旅の軌跡を、作品に沿って浮き彫りにする。

小説家 大岡昇平
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体3,000円+税
  • Cコード:0095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-82377-9
  • JANコード:9784480823779
菅野 昭正
菅野 昭正

カンノ アキマサ

1930年、横浜生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。東京大学教授、白百合女子大学教授を経て、現在は世田谷文学館館長、日本芸術院会員。著書に『ステファヌ・マラルメ』(読売文学賞)、『変容する文学の中で 文芸時評』(全3巻)など。訳書に、クンデラ『不滅』、ル・クレジオ『アフリカのひと』など、多数。

この本の内容

戦後文学史に不滅の輝きを放つ小説群―卓抜な読解に浮び上がる、豊饒な作家の“全体像”。『俘虜記』により作家として出発、ベストセラーとなった『武蔵野夫人』『野火』『花影』、完璧主義による壮大なレクイエム『レイテ戦記』。さらに『事件』、『堺港攘夷始末』まで―歴史の激流の中で誠実な歩みをつづけた小説家大岡昇平の“ながい旅”の軌跡を、透徹した作品分析によって描き出す。

この本の目次

小説家の生誕
俘虜の家の記録
情熱恋愛の心理とその彼方
深淵をさまよう敗兵
政治の地平に近づいて(崩壊の叙事詩
ハムレット変奏)
女たちをいとおしむ哀歌
レイテ島の闘い、および闘いを超えて
歴史が小説になるとき(先駆ける者の悲劇
空しい犠牲を悼んで)
愛と裁判について

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可