プルースト美術館

マルセル・プルースト

『失われた時を求めて』の中で重要な意味をもつ六人の画家と絵画をとりあげ、それらが、小説に採り入れられた経緯と小説を成立させる芸術的根拠を明らかにする。

プルースト美術館
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,800円+税
  • Cコード:1098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1998/09/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:244
  • ISBN:4-480-83805-8
  • JANコード:9784480838056

この本の内容

平易にして創見にみちたプルースト文学への誘い。二十世紀を代表する傑作『失われた時を求めて』に登場する六人の画家をとりあげて、彼らの画がいかにしてこの傑作の芸術的根拠になりえているかを問うて、プルーストの創作の秘密にスリリングに迫る。

この本の目次

第1章 コンブレーの睡蓮とモネ
第2章 ジョットの寓意像と天使
第3章 フェルメールの「黄色い小さな壁面」
第4章 エル・グレコのオリジナルと図版
第5章 カルパッチョのなかの恋人と母親
第6章 ギュスターヴ・モローと芸術家の使命

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可